東京駅すぐの日本橋サンクリニック|うつ病 適応障害 不眠症など

主な対象疾患

主な対象疾患について

当院では、心療内科・精神科領域の疾患について、幅広く診療いたします。心の不調でしたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。
対象となる疾患の代表的なものは、下記の通りです。

うつ病、気分障害

主な対象疾患イメージ

食欲が無い、眠れない、一日じゅう気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない――こんな状態が2週間以上続いたら、それはうつ病のせいかも知れません。単なる気分的な問題だなどと考えず、うつ病を疑ってみる必要があります。
うつ病の原因は千差万別ですが、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなるのに加え、ストレスや体の病気、環境変化など、さまざまな要因が絡み合って発病します。
うつが疑われる状態になったら、一人で悩まず、とにかく早めに専門医にご相談ください。薬物による治療ほか、認知行動療法(考え方やものの捉え方、行動を変える精神療法)も、うつ病に効果的なことがわかってきています。早めに治療を始めるほど回復も早いので、無用に我慢せず、早めに専門医療機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。

適応障害

適応障害とは、自分の置かれた新たな社会環境にうまく慣れることができず、抑うつ気分、不安感、不登校、職場不適応、出勤拒否、対人トラブルなど、様々な症状や問題が現れて、社会生活に支障をきたす疾患です。
特に、就学、就・転職、結婚・離婚といった身の回りの大きな環境変化があって、その新たな環境への適応を迫られた際に発症するケースが多いと言われます。
適応障害の治療としては、不安や不眠などに対しては抗不安薬や睡眠薬、うつ状態に対しては抗うつ薬を使うこともあります。ただし、適応障害の薬物療法はあくまでも「症状に対して薬を使う」対症療法であり、根本治療ではありません。つまり適応障害の治療は薬物療法だけではうまくいかないことが多いため、環境調整やカウンセリングが重要になります。

発達障害

抑うつ症状や不安症状などの精神症状の背景に自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠如多動性障害(ADHD)などの発達障害が隠れていることも多くあります。発達障害は小児期のみの障害ではなく、思春期や成人期に至るまで様々な場面、様々な形で生活機能に障害をもたらします。当院では発達障害の幼児期から児童思春期、成人期まで各ライフステージにおける困り感の変化に細やかに対応してまいります。 

不眠症

睡眠時間には個人差があり、7時間以上眠っているのに「眠れない」と感じる方がいる一方で、3時間の睡眠でもまったく問題の無い方もいます。何時間眠っていようと、ご本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が続けば、不眠症と診断されます。不眠症は珍しい疾患ではなく、誰もがなりえます。また、うつ病などの症状の一つとして不眠症が現れてくるケースもありますので、睡眠薬で解決するだけでなく、根本的な原因を探ることも大切です。

パニック障害

何の前触れもなく、ある日突然、息が苦しくなったり、めまいや動悸などに襲われたりといった“パニック発作”を起こし、そのために生活に支障をきたす疾患です。どこを調べても、体に異常は見あたりません。明確な診断結果が得られないまま病気が進行していくと、発作の再発を恐れて、外出できない、乗り物に乗れないなど、日常生活に大きな支障をきたしてきますので早期の治療が大切です。

身体表現性障害

身体表現性障害とは、痛みや吐き気、しびれなどの自覚的な身体症状があり、日常生活を妨げられているものの、それを説明できるような身体疾患、何らかの薬物の影響、他の精神疾患などが認められず、むしろ心理・社会的要因によって説明される障害のことです。身体感覚に敏感で、物事を悲観的にとらえやすい繊細な方がなりやすいと言われます。また、心身の過労(介護疲れや過重な残業など)や、身辺の環境変化(人事異動や引っ越しなど)がストレスの要因になっていることを認識しにくく、言葉で表現できない方に起こりやすいとも言われます。精神療法や薬物療法、職場や家庭などの環境調整によって治療します。

社交不安障害

たとえば結婚式でスピーチをする時など、大勢の人の前に立った際の緊張・あがりは誰にも経験があるでしょう。このような状況を恐れるあまり、その状況を避けようとして学校や会社に行けないなど、日常生活に支障をきたすようになると、治療の対象になります。社交不安障害は脳内の神経伝達物質の不足によって起きると考えられており、脳の機能を調整する薬物療法と認知行動療法(考え方やものの捉え方、行動を変える精神療法)で治療します。

強迫性障害

強迫性障害は、ある考えにとりつかれてしまい、自分でも「ばかばかしい」「不合理だ」とわかっているにもかかわらず、どうしてもそれを排除することができず、日々の行動や日常生活に支障をきたす病気です。こころの病気であることに気づかない人も多いのですが、治療によって改善します。「~しないではいられない」「~を考えずにはいらない」ことで、つらくなったり不便を感じたりしたら、ご相談ください。

物忘れ

今まで普通にやれていたことが急にできなくなった、通い慣れているはずの道がわからなくなった、大切な約束を忘れてしまった、同じことを何度も聞いたりするようになった――こうした物忘れには、単なる加齢による場合(良性健忘)と、軽度認知障害、認知症の初期段階の場合とがあります。そして、いずれかを見極める診断が非常に大切になってきますので、「物忘れ」が増えてきたと思ったら、一度専門医を受診なさるよう、お勧めいたします。

診療内容 

診療予約 forPC・スマートフォン

診療予約 forフィーチャーフォン

page top