東京都中央区の薬物療法|心療内科・精神科の日本橋サンクリニック

薬物療法について

薬物療法について

副作用は少なく、効果は大きく

薬物療法イメージ

心療内科・精神科で主に使われる薬は、「向精神薬」です。向精神薬とは、脳など中枢神経に作用して、精神活動に効果をもたらす薬物のことです。
当院では、豊富な臨床経験と幅広い知識に基づき、薬物による効果の期待できる患者様に対して、副作用が極力少なく、しかも最も有効性が高いと思われる薬を用いて治療にあたっています。

心療内科・精神科の薬

心療内科・精神科で使用される薬(向精神薬)には、主に下記のような薬があります。
お薬の内服に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身の判断のみでの減薬や中止は時に症状の悪化を招くことがあります。
当院では薬物療法の開始にあたりその効能のみならず卒薬の目標やタイミングまで充分にご説明し、ご本人の納得いく形で安全にすすめて参ります。
ご質問やご希望などどうぞお気軽にご相談ください。

抗うつ薬

うつ病の治療に用いられる薬です。抗うつ薬には何種類かあり、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込阻害薬(SNRI)などがあり、症状に合わせて、適切な薬が選択されます。

気分安定薬

双極性障害(躁うつ病)における薬物治療の中心となる薬です。中枢神経に作用して、抑えることのできないような感情の高まりや行動を抑制し、躁やうつなどの気分の波を小さく、そして安定させるために使います。再発予防にも効果があります。

抗不安薬

不安や緊張、焦燥感をやわらげる薬で、うつ病の治療によく用いられます。抗不安薬の効果は服用後1~2時間で現れ、抗うつ薬より速く作用が出ます。ただし、それは対症療法的であり、うつ病自体の治療にはなりません。眠くなる作用もあるので、不眠症にも使われます。

睡眠薬

不眠症の治療に用いられる薬です。寝つきが悪い、朝早く目が覚めるなどの症状に応じ、タイプに合った薬がそれぞれ選択されます。近年、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬などの新しい薬も開発されており、不眠症の薬物治療の選択肢は広がっています。

抗精神病薬

主に統合失調症の治療に用いられる薬です。統合失調症の症状には陽性症状(幻聴や幻覚、妄想など)と陰性症状(感情・意欲の減退、無関心など)があり、それらの症状に合わせて、適切な薬が選択されます。躁うつ病に対して使われることもあります。

抗てんかん薬

てんかんの治療に用いられます。抗てんかん薬にはいくつもの種類があり、どの薬を使うかは発作の型に応じて選択されます。てんかんは、脳の細胞に異常な電気信号が発生するために起こりますが、抗てんかん薬は脳の活動を抑制するように働いて症状を改善します。

漢方薬

心の病気に対しても、昔から数多くの漢方薬が処方されてきました。神経の興奮・過敏を抑えるため、不眠症や不安障害、うつ病などに効果的なものや、更年期障害で精神症状(うつ気分、神経過敏など)が強い方に有効な漢方薬などがあります。漢方は単独で使うことも、向精神薬などの西洋薬と併用することもあります。患者様の体質に合わせ適切に処方いたしますのでご希望の方はどうぞお気軽にご相談ください。

※薬の処方にあたっては、統合失調症には抗精神病薬、うつ病には抗うつ薬といったふうに、単純な一対一対応になるとは限りませんので、ご承知おきください。処方された薬に関して疑問や不安が出てきましたら、医師や薬剤師にお聞きください。

診療内容 

診療予約 forPC・スマートフォン

診療予約 forフィーチャーフォン

page top